成功するリフォーム『7つの法則』
毎月先着99名の方に無料プレゼント!!

↓↓↓↓

見積もり依頼前の準備

1.情報収集

見積もりをとる前に、まずはインターネット・書籍などで情報収集をしましょう!

事前にリフォームについて学んでおくことが大切です。

いきなり見積書を見ても、専門用語の意味や見積もり金額の詳細について理解できないことが大概多いです。

また、どのような要望、内容で見積もりをとるか、考える準備にもなります。

インターネット上にはたくさんのリフォーム事例がアップされており、それらを参考にすると、「どのようなリフォームをしたいか」より具体的にイメージできるようになると思います。

リフォーム関連の雑誌、設備・建材メーカーのパンフレットなども、厳選された事例や最新の機能やデザインを知ることができ、参考になります。

また、設備メーカーのショールームに足を運んで、実際の大きさ、形、色、機能などを確認してイメージをふくらませてみるのもいいと思います。

その他には、リフォーム会社のセミナーに参加すると、最近のリフォームの傾向を学ぶことができます。また、現場見学会に参加すると、パンフレットだけではわからない実際のリフォーム後の様子を確認できます。さらに、リフォームをした人に話を聞くのも参考になります。

 

2.予算を知る

実際に見積もりをとってから、まったく予算と合わなかったということの無いように、事前に大まかな金額を把握しておき、予算内でできることを確認しておくべきです。

最近は、完成見学会を開催しているリフォーム会社もあります。見学会に行って営業スタッフに尋ねれば、金額について、詳しいことがわかります。

工事費込の費用、部材の価格など、知りたいことはどんどん質問するとよいでしょう。

 

3.リフォームでできること、できないこと

法律上、自分の思い通りにできないこともあります。見積もりをとる前に確認しておきましょう。

一戸建ての場合の「できないこと」を下に一部簡単にまとめてみました。

●間取りの変更:

木質系、コンクリートのプレハブ、2×4工法は壁で建物を支えているので制約があります。

●窓:

建物を支えている壁に新しく設置することはできません。

●増築:

住宅の建築面積は敷地ごとに決められた建ぺい率によって制限されます。100㎡の敷地で建ぺい率が60%なら増築後は60㎡が限度です。斜面に建物がある場合は擁壁などから一定の距離が必要なので増築できない場合もあります。

●吹き抜け:

重量鉄骨は梁を動かせないので困難となります。

無料のお見積もりはこちら
↓↓↓↓↓

カテゴリ一覧